年間10時間の無駄な時間を削減した「ある改善」とは…!?

こんにちは!
冷凍冷蔵倉庫・物流センター代行サービスのミラク 安田です🐥✨

※ 携帯からご覧の方は写真がうまく表示されない場合が
 あります。携帯画面の固定マーク(鍵マーク)を
 解除していただき、携帯を横向きにしていただくと
 写真が表示されます!

ミラクの冷凍冷蔵センターの
「前室」で行った改善についてご紹介します。

「前室」とは…?
-25度の冷凍庫に直結している8℃前後の冷蔵作業室です。
商品を傷めることがないように、
シール貼付・セットアップ・
賞味期限印字・梱包作業を行っています。

問題点

今まで、前室で、1つ問題点がございました。

それは、保管するスペースの高さは1500mmまでと、
決まっているので、入庫の際、商品を何段まで積めるのか、
毎回、数えないといけないことです。

そのため、特定の従業員がどの商品は、
何段まで積むことができると全て把握しており、
その数を聞いて積んだり、覚えるようにしていました。

そうなると、新商品は 前室で、
一度、大体の高さで積んでみて、
冷凍庫の中で作業しながら、細かい数を
足したり、減らしたりしていました。

しかし、冷凍センターは-25℃です…⛄❄❄
中に入っての作業は非常に寒くて、
できるだけ、1秒でも早く出たい作業です。

解決策

そこで、現在、前室の壁全てに
1500㎜の高さを黄色のテープで表示 しています。

壁の表示に合わせるだけで、誰が見ても
一目で正確な高さが分かる ことができます!

測った後は、前室から、冷凍センターへ
そのままフォークリフトという機械を使って
商品を置くだけでOKです!
小さいけれど、画期的な改善です!

1枚のパレットあたり、 20秒 短縮

1日の平均パレットは6パレットとして、
1日あたり 120秒 短縮

営業日25日のため、
1ヶ月あたり 3000秒 短縮

年間で 約10時間の短縮になります!!

小さな改善ですが、このように無駄な時間を減らすことが、
「作業を早く終わらせる=効率化する」ことに繋がります。

上記のような改善を続けて、
もっと仕事がやりやすくなった環境で
商品を保管し、出荷いたします。

さらに、「冷凍倉庫・冷蔵倉庫」は
冷蔵作業室を完備で、細かい作業が得意です!
「入庫・保管・在庫管理・出荷」まで、まるごとお任せください。

詳しくは下記のURLをご覧ください!
https://peraichi.com/landing_pages/view/miraku13/logi_proc/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

--> single